top of page

Services

業務内容

私たちは「行動確認調査」を主要なサービスとして提供している探偵事務所です。「行動確認調査」とは「張込」「尾行」「撮影」といった手段を用いて、対象者の行動を秘密裏に確認し「いつ」「どこで」「誰と」「何をしていたか」を時間経過とともに撮影記録するサービスです。浮気調査、素行調査、身辺調査、不正行為などの依頼は「行動確認調査」を基本にして客観的な信頼性の高い証拠や資料を収集し、事実関係を丁寧に裏付けています。

探偵

​​Private Investigator

タイプライター

​解決

Solution

人間関係の問題、不貞行為、不正行為、企業間紛争、人事問題、失踪者の捜索、警察が介入できない民事問題など、個人または法人が直面する可能性のあるこれらの問題は、速やかに把握し、その深刻な事態を未然に防ぐために適切な保全手段や予防策を講じることが要求されます。さらに、望ましくない事態が発生した際には、適切な対応策を策定し、問題の本質的な原因を追求する必要があります。これらの状況を解決する手段の一つとして、証拠や資料の収集を行う探偵業務が必要となります。

Investigation

調査活動の要素

​尾行

​SHADOW

撮影

SHOOTING

​張込

​STAKEOUT

行動確認調査とは探偵業者の重要な業務であり、探偵業法に定められた私たちの基本のサービスです。行動確認調査の要素となる​張込・尾行・撮影は、​それぞれの要素を確実に遂行することにより、事実関係を確認し、証拠を裏付けることができます。

​行動確認調査の要素

Elements

​STAKEOUT

張込

Blend in

張込とは、特定人物や場所を一定期間にわたって監視し、その行動パターンや動向を詳細に記録する調査手法を指します。さまざまな状況下で一定の場所に長時間留まると、不審者と見なされる可能性があり、これが調査を困難にする要因の一つです。特に、張込時間が長引くと困難さは増し、調査の露見を避けながら張込を続ける必要があります。そのため、張込位置の選択は非常に重要で、周囲の環境を考慮しながら、対象者や第三者に対して秘密裏に行動することが求められます。このように、張込は「持続力」「観察力」「瞬発力」が求められる調査手法であり、対象者の滞在状況を観察しつつ、その動きを確実に捉え、尾行につなげる重要な要素となります。

​周囲に溶け込む

探偵社リサーチブレインの張込調査

​SHADOW

​尾行

Concentration

尾行は探偵業務の中で最も活動的なシーンとなり、対象者の行動を秘密裏に確認します。そのため、対象者の動きを何倍もの労力を使い追跡する必要があり、対象者との適切な距離感が重要となります。さらに、依頼内容と対象者の移動手段や周囲への警戒度に応じて、調査員の人数や装備を準備し、様々な状況を想定して現場に臨む必要があります。徒歩の場合、可能な限り視認されないよう、その死角に入りながらの追跡になります。車両の場合、周辺走行車両の動きを察知し、景色となる事が必要です。このように広範な視野と的確な状況判断が重要となり、これらを支える体力も必要となります。尾行中は集中力を持続しながら、次々と変化する環境に対応しながら、対象者の監視を行い、接触人物の確認を行います。調査実施日には依頼者の期待に応えられるように活動し、有益な情報を収集します。

​集中力

探偵社リサーチブレインの尾行調査

​SHOOTING

​撮影

Chance

撮影は探偵業務の中で必要不可欠な要素であり、張込・尾行・撮影が一体となり行動確認調査を形成します。撮影された画像や動画は活動の証明となり資料や証拠となります。張込では通常撮影に加え望遠レンズを使用、Wifiやネットワークを利用し遠隔監視を行います。また尾行では目視確認を経ない撮影や偽装カメラも利用します。これらの活動は多様なスキルを必要とし、特に夜間撮影では機材に対する十分な知識と技術が必要です。機材の性能は結果に大きな影響を与えるため、最新の情報を常に入手し、新しい機材を導入、整備も怠りません。これにより、常に最高のパフォーマンスを発揮することができます。多種多様な撮影機材を自在に操り、最適なタイミングを見極めながら張込や尾行を行うことで決定的な瞬間を捉え、ハイレベルな探偵業務を遂行することができます。

​シャッターチャンス

探偵社リサーチブレインの撮影技術
天神橋の都市景観

張込・尾行・撮影の三要素は、探偵の基本的なスキルです。私たちはこの三要素を活用し、確度の高い情報を収集していきます。

​基本の技術

​Basic Skill

bottom of page